「須賀建築」

Home>エコカラット>このページ

部屋別・場所別施工例


現在作中です。

施行に関して

Q、施工方法は
A、「LIXIL エコカラットプラス・エコカラット 施工マニュアル」
に準じて施工をしております。

Q、誰が施工する?
A、私が必ず行います。

Q、施行時間は?
A、朝9時開始、終了は午後5時位です。
  たくさん貼る場合は日数を頂いております。

Q、汚れやホコリは?
A、エコカラットは焼き物で静電気が無く埃が付きにくく、また簡単な汚れはプラスチック消しゴムで落ちます。

Q、剥がれることは?
A、施工歴10年ですが剥がれ落ちたことはございません。
  慎重に施工をしています。

Q、色落ちは?
A、焼き物でので紫外線による色落ちはございません。

Q、貼れる場所と貼れない場所。
A、貼れない場所はお風呂の壁、外壁です。

Q、施工費用はどのように計算する?

機能や特質について

Q、エコカラットプラスとエコカラットのデメリットは?
A、初期投資が壁紙より高い。
  ボード下地に施工した場合、剥がすと下地も交換になります。

Q、結露湿気対策としてどれくらい貼れば効果が期待できますか?
A、エコカラットプラスであればお部屋の面積の四分の一が目安です。
  エコカラットであれば半分が目安になります。
  たくさん貼ればそれだけの効果もございます。

Q、ニオイやVOC対策としてどれくらい貼れば効果が期待できますか?
A、上記と同様です。

Q、どうやって湿気を吸うのですか?


Home>エコカラット>このページ