須賀建築Webサイト過去の日記→このページ

---須賀建築・須賀徹の日記---

お も し ろ  事 も な き 世 を お も し ろ く
す み な す も の は 心 な り け り


2004年5月6日(金)
A様より依頼が来る。「GW前の4月27日とGW中の強風で軒天が壊れたので直 してもらいたい」と。見積もりと商談は3日後だが、下見をし、おおよその見積もり を作成する。


2004年5月7日(土)
①近所の町内会館の仕事来る。町内会館用の郵便受けを一つ、大きさはまだ未定。
 以前使用していたものは盗まれてしまったようである。
②2ヶ月ほど前に電話で手すりの工事の依頼を受け、さあこれから下見に行くぞ  というところでお客様から「もう少し考える。」といわれたままになっていたB様  から、屋根を見てもらいたいと依頼あり。


2004年5月9日(月)
①飛び込みで「玄関引きとが動かない」と電話がありすぐに行き、直す。
②5月6日に依頼のあったA様の家に伺う。「この際だからと軒天の他、外壁の  ペンキの塗り替えも依頼される。


2004年5月10日(火)
町内会館用郵便受けの作成。本日は強い雨が降っていたので、室内での作業。


2004年5月11日(水)
町内会館用郵便受けの内部の仕上げとペンキ塗り。外におくのでペンキは油性 を使用する。


2004年5月12日(木)
本日もペンキ塗り、油性はなかなか乾きません。しかし仕上がりはきれいになり ます。→(施工例 町内会館用の郵便受け)


2004年5月13日(金)
A様宅へ見積もり提出、外壁についてはペンキを塗るより、今の壁の上のプリント トタンを貼ったほうが見栄えも良いし、防火のことを考えてもトタンの方が安全で あることを説明し、さらにプリントトタンの見本を見てもらう、大変気に入られ、その場 で工事の日程を決める。(5月17日工事開始)→(施工例 軒天・外壁工事)
B様宅の屋根に上らせていただき、棟の状態を確認し、その場でB様に説明をする


2004年5月14日(土)
B様宅へ見積もりを持参する、こちらのお客様もその場で仕事の依頼を受ける。
施工については、足場を組まずに行うので雨風がなく、晴れる日の前日に連絡をしてから行うこととする。
施工内容は棟の下地板の交換(檜使用)と棟の交換、サービスでペンキの剥れて いるところを塗る事とBSアンテナの撤去。
町内会館用郵便受けを設置しに行く。
足場の材料を業者より借りてA様宅へ運ぶ。少しきつい見積もりなので、業者に> 頼まないで私達(私と棟梁、親父ですが)で足場を組みます。
仕事も順調に依頼が来てうれしい。さらに自宅の2階を賃貸で貸しているのだが、前 の方が3月いっぱいで出て行ってしまって、募集中であったが5月12日に決まったと 不動産屋より連絡が来る。2重の喜び。


2004年5月15日(日)
以前、父がよく仕事をさせていただいた不動産屋さんから仕事の依頼で見積もりに 行く。当日中に見積もりをFAXする。さてさて仕事が入るかな。


2004年5月17日(火)
軒天・外壁工事のお宅にて足場を組みました。時折強い風が吹き少々怖かった。
☆工事以外の事。
 昨年からお世話になっている方へ先日メールを出し、本日返事をいた  だきました。こうして私がホームページを作っているのも、この方の  助言があったからこそ出来たのです。本当はもっともっと書きたいのですが、  このホームページにもリンク先や同業社様の紹介をしたときに詳しく書きます。
 この日記を読まれる方はまだまだ少ないと思います。


2004年5月18日(水) くもり、ときどきかすかに雨が降る
本日は既存の軒天を撤去し、新しい軒天を張る。→(施工例 軒天・外壁工事)
棟梁(父)は10時まで現場で作業をし、後は手話教室に行く。よって10時以降は 私一人で作業を行う。夕方7時までかかったが全部張り終える。
通常であれば5時位で作業は終了しますが、明日の天気が荒れるようなので、 軒天を開けておくのはまずく最悪屋根が飛んでしまうこともあるため。また雨も 開いた軒天から室内の天井に回り雨漏れになります。


2004年5月19日(木) くもり、のち雨
今にも雨が降りそう。本日は一日中棟梁と二人なので、手分けをする。
棟梁が雨戸の戸袋直し、私が1階の軒天直し。(施工例 軒天・外壁工事)
昼すぎ少し雨が、そのまま続行。4時過ぎ雨が激しくなり、急いで片付けをする。本日はこれにて終了。
★会社紹介に棟梁(父)の写真と紹介文をアップしました。→(会社紹介)


2004年5月20日(金) 雨
天気予報では午後から台風。朝から雨も降っているので、まずは材木屋に行きB様 邸の棟の下地板を加工する。使用する木材は水に強いヒノキです。「板」を買うと 高いので3寸角(9センチ角)を3本買って2本から10枚の「板」にし、1本は現在施工中 のA様邸の雨戸の敷居を刻み(作り)残りは持ち帰ります。大きな工務店でしたら 自社で加工するのでしょうが、私のところでは出来ないので場所も機械もある 材木屋さんで作業をします。小雨なのでA様邸に行き使用していない給湯管を 撤去し、玄関ドアのペンキをしました。(施工例 軒天・外壁工事)
次回配布予定のパンフレットの打ち合わせ。→PRスタッフ様
父が以前から仕事を頂いていた業者様より仕事の打診がある。
アクセス数61


2004年5月21日(土) くもり後快晴
朝、台風はどうしたんだ!雨も風もそれほど強くない、台風の予定でいたので 出動時間が遅れる。少し早めの昼食を取っていると(施工例 町内会館用の郵便受け)に水が いっぱい溜まっていると連絡がある。
棟梁は戸袋直し、私は(施工例 町内会館用の郵便受け)を直しに行きその後、材料の仕入れ そして今の現場に行きペンキ塗り。→(施工例 軒天・外壁工事)
(本日は余り変わらないのでアップしません。のちほどのお楽しみです。)
夕方、次回配布のパンフレットが出来きあがったとPRスタッフ様より連絡があり、 すぐに見に行く。最高です。棟梁の写真も使って貰い内容も文句なし。来週の水曜 日位から配布予定です。地域は南希望が丘・中希望が丘・万騎が原・柏町です。
同地域には2月にも配布しており反応が今ひとつでしたが、今回は大いに期待を
しています
アクセス数65


2004年5月22日(日) くもりときどき小雨
棟梁はトタン貼りをはじめる。私はペンキ塗りの続き。午後からは私もトタン貼り
(施工例 軒天・外壁工事)(本日は大いに変わりましたが中途半端なので アップしません。のちほどのお楽しみです。)
今月15日に見積もりを出した不動産屋さんから連絡が入り、他社が大変安い金額なので今回は見送りになりました。
★このHPにリンクを貼ろうと考えている、トップページから直接リンクさせるか 将来を見据えてリンクのページを別に一つ作ろうか。悩み中です。
アクセス数65


2004年5月23日(月) くもりときどき雨
本日はゆっくり休む。
★このHPにリンクを作成しました。→(リンク)
★リンクをしていただけるとある方よりメールを頂く。と同時に施工エリアの事 も考える。エリアで限定するか、遠隔地は施工金額を少し高く設定するか。
うーん。考え中!
アクセス数69


2004年5月24日(火) くもりのち晴れ
本日は棟梁と二人でトタン貼りです。ほぼ終了です。明日は細かい所と仕上げの作業です。
アクセス数73  本日分は25日に書きました。チョットズル


2004年5月25日(水) くもり
本日でほぼ終了です。明日は足場の撤去です。
★現場の話ばかりでは面白くもなく又そのうちに飽きてしまうので、うちの 「ミーシャ」と「ポーラ」を紹介します。
↓まずは先住者の「ミーシャ」です。


↓続いて「ポーラ」です。


本当はいっぱい書きたいのですがネタ切れにならないように本日はここまで。
アクセス数77


2004年5月26日(水) 晴れ
アット驚くタメゴーローオーの追加工事
本日は棟梁と二人で足場をおろし片付けをしてトラックに積み込み、さぁ出発の時。
お客様が出てきて追加で「北側(玄関側)もトタン貼りを頼みます」と。
ウレシー!
写真アップしました。→(施工例 軒天・外壁工事)
アクセス数79


2004年5月27日(木) 晴れ
本日は一人で軒天の張りなおしをしました。
閑話休題。25年ほど前、私は横浜の予備校に通っていました。昼休みや授業(?)を抜け出して喫茶店によく行きました。グルメでもなんでもないわけですが、いろんな コーヒーを飲みました。そのおかげで「おいしいコーヒー」の味はわかるようになり ました。最近のおいしいと思えたコーヒーは(テルコーヒーさん)のものでした。
アクセス数82


2004年5月28日(金) 晴れ
5月14日に決定していた仕事を行う。屋根の棟と下地板の交換。家を建てられてから 28年内装工事と外壁・屋根の塗りなおしは何度もされていましたが、棟と下地の板は はじめての交換です。特に下地板は痛みがひどく一部はぼろぼろになっていました。
写真は取る機会がありませんでした。
夕方、某建設会社様と打ち合わせがあり、来週からウッドデッキの工事も入りました。
(テルコーヒーさん)からメールいただきました。
アクセス数85


2004年5月29日(土) 晴れ
棟梁と二人でA様宅の工事。棟梁は玄関の屋根直し、私は軒天の直しとペンキ塗り。
官僚の能力(ボランティア)について
今、「ボランティア希望」というグループにも所属しており、何度か介護老人の送り 迎えを行いました。元はといえば両親(私も)がこのグループの長の方と知り合いで 先に両親がボランティア(送迎)をしていたのですが、この3月から私が代わりをして います。つい10年程前くらいから猛烈な勢いで老人ホームや特用老人ホーム等が 建設されておりますが、全然足りていません。よって家庭でも生活が支障がないよ うにと介護保険を使用した住宅改修制度があり補助金を自治体でも出しており、 当社も施工例があります。
今のこの事態は「頭のいい官僚」の方々は予測されていたのでしょうか?多分予測 出来たと思われます。その一つの証左として私の9歳違いの弟の入学した小学校は 出来た時の20年後は老人ホームになるといっていました。しかし設立から30年近く たちますが、今も小学校です。このような事例はこの「いち小学校」だけではなく、 他にも中学校の例もあります。多分、学校の統廃合などは簡単に出来ると考えてい たのでしょう。しかし現実は違い簡単にはできずに老人ホーム等をあわてて整備し ているのが現状です。あまり政治的なことは言いたくはありませんが今回の「年金 法案」にしても出生率(一人の女性が何人の子供を持つか)の試算がゆるいのです。
現状ですら1.36です。民間のシンクタンクでは将来の出生率を1.06と見ているとこ ろもありますが、政府(官僚)は1.20位とした試算を元に「年金法案」を通過しました。
いろいろ考えると・・・です。
本当に官僚と言われている人たちの能力はどうなのでしょうか?疑問です。
参考文献→広瀬隆 web-site [地球の落とし穴]
アクセス数89


2004年5月30日(日) 晴れ
本日はお休みしております。もちろんお客様から連絡があればいきます。
ということで本日の日記は「人間とは不思議なもので」について
この言葉は村松具視という作家がプロレスラーのルーテーズの言った言葉を 引用したものです。ここでプロレスや格闘技の話を書lきたくもなりますが、ここは グッと我慢して普段ふとしたきっかけで考える「人間とは不思議なもので」につい て書きます。
一つには他の動物にはない「大脳皮質」のおかげで道具を発明し使っております。
こうして私がHPを持っているのもこの道具のおかげです。
もう一つはこの「大脳皮質」は自身の身体で何が出来るのかも考え、その身体を 使い宙返りをしたり、逆立ちで歩き・ジャンプをし・さらには片手で逆立ちえをして ジャンプをする。
確かに他の動物も色々な動きはしますが、それは危険の回避であったり、獲物を取 るためであったりします。ところが人間は何の見返りもなく考えたり、その身体を 使って特殊な運動をします。結果的にそれが発明の代償としてとてつもない金額 となって大金持ちになったり、特殊な運動能力は大道芸やスポーツ選手となって 見返りがありますが、元はといえば生きていくうえではあまり必要とはいえるもの ではありません。こんな事を考えていること自体「人間とは不思議なもので」す。
アクセス数89


2004年5月31日(月) 晴れ
昨日の気温30,3度 本日は風かあるせいか少しは、少しはまし。
5月28日に打ち合わせをしたウッドデッキの工事に入る。午前中は材木屋さんの軒を 借りて「刻み」(材木を切ったり、蚤で継ぎ手等を作る)。午後より現場に行き、土台の と根太兼大引きの据付。

このHPのこと、この日記のことを考える。
多分、明日になるとこの日記はトップページからのリンクではなく「過去の日記」 のような形で他のリンクページからになり、6月の日記がトップページからのリンク になると、するとおもうのです。

ショック
この作業日記の始まりはカッコの副題、つまり福祉住環境コーディネイターの 資格を取るつもりではじめたのですが、なんと7月の試験の受付はもう終了 してました。かなりショックです。
でもまだ年末にも試験はありますので。
アクセス数92