「須賀建築」

Home>大工仕事>このページ

大工仕事 色々様々

ドアノブ交換と木製の玄関ドアに補助錠の取付け

まずはドアノブの交換から。
これから交換するドアノブです。
廊下から洋室へのドアについているドアノブです。
回すと引っ掛かりがあり、きちんと閉まらないので交換します。
バックセットは60ミリです。
では交換後、下です。

チョロチョロっとノミも使って綺麗に収まりました。

さて補助錠の取り付け。
木製の玄関ドアに「追加で鍵を付けてください。」と言われて。
調べてみると「補助錠」というものらしいです。
色は付いている鍵と同じ色を希望、銅色。
木製の玄関ドア、ペンキで塗ってあります。全体的に茶色
指先が取り付ける位置です。
室内側にはチェーンがあるのでこの位置位になります。
この「補助錠」、ホームセンターを探したのですが無いです。
ネットで調べて購入。
取り付ける補助錠
ハイロジック シリンダー本締錠 銅色 60ミリ 3本キーです。
自宅に商品が到着して内容物の確認と取り付け説明書を読んで必要な道具の確認。
道具も買いました。
穴あけの道具・ボアビット、直径24ミリと362ミリの物。
穴を開ける「ボアビット」24ミリと36ミリ。
では取り付けに。
すでに位置は出ているので。
ドアの表裏から直径36ミリの穴とドアの小口側からは24ミリの穴を。
木製ドアに穴を開けました、表裏と小口
次は鍵がきっちりと入るようにします。
ドアの小口にノミで切り込みを入れる
入れて平らになるかの確認中です。
いいようです。
鍵を取り付けて、受け側の確認中です。
鍵を取り付けて次の作業、受け側の位置の確認中です。
掘って受け側の金具を付けて再度確認。
鍵の受け側も付けました。
鍵も回ります(当たり前ですが・・・)
鍵がどのくらいの深さか見ました、約10ミリ
鍵の先から鉛筆で線を入れたところまでが入っています、約10ミリ程度はあります。
以上です。
お客様に喜んでいただけました。

大工仕事 色々様々


Home>大工仕事>このページ