「須賀建築」

Home>大工仕事>このページ

大工仕事 色々様々

井戸の手押しポンプ(川本製作所製)「HT-32台付」の「台」を交換。

まずは現状を。

現状の手押しポンプ、「台」の板が傷んでいます。

ポンプを押そうとすると「台」の板が傷んでいて押せません。
台板の大きさは幅185ミリ 高さ(長さ)750ミリ 厚さ40ミリです。
お客様と相談。
同じような材木でする事ともできるが、メンテナンスをしないと痛みが早い。
お客様から手持ちでアルミの板を持っていることを教えられ見せていただく。

「台」の板に使うアルミ板、大きさ 幅340ミリ 高さ1200ミリ 厚さ5ミリ

大きさ、幅340ミリ 高さ(長さ)1200ミリ 厚さ5ミリ。
これを使って「台」の板にすることにします。
ポンプの下部の台板と固定しているボルトは約130ミリ間隔です。
上記の板を半分に切っても170ミリですので固定できます。
自宅に帰ってから、川本製作所製の手押しポンプ「HT-32台付」の図面を入手。
2日後に施工。
まずは井戸のコンクリート製の蓋ごとポンプと一緒に引き上げる。
ボルトを抜いてバラバラにして持ち上げようかとも考えましたが
井戸の中にボルトが落ちるのも嫌だなと考えて・・・

引き上げた台板

持ち上げている最中にバラバラになりました。

お客様からの金属製の板ーアルミの板を切ったり、切り抜いたり
ボルトの通る穴を開けたりして、再度組み付ける。
そして井戸からきちんと汲み上げるかどうかの確認。

組付けて水を汲み上げるか?確認、組み上げました。

きちんと汲み上げました。
後は蓋を元通りにしてお客様に確認していただいてから、掃除をして完了です。

施工完了

S様施行をさせていただき、ありがとうございました。

大工仕事 色々様々


Home>大工仕事>このページ