「須賀建築」

Home>大工仕事>このページ


大工仕事 色々様々

門(ガーデニング風?)

門をつけます。
江戸時代であれば庶民と言われる農民や商人・職人は家を建てる事は出来ても門を付けてはいけなかったそうです。

旗竿地になっており手前に作ります。
アルミの門扉ではなくガーデニング?風・・・。

まずは門を付ける柱を埋めました。
100×180ミリの枕木風角材です、長さは2100ミリの物。
高さは1500ミリで600ミリは埋まっております。
穴をほって材木を立ててまわりにコンクリを流して・・・1日目は終わりです。

2日目は地ならし、土を掘ってコンクリ流し、何故か途中で2度も買いに走りました(深く掘りすぎ?)
コンクリが乾くのを待ちながら門扉の作成。

門扉の仮留め、この門はツーバイフォー材の1x4材(幅89mm 高さ19mm)を使用して作成しました。
(ビスはステンレス製です。)

これはイギリス製 3979(6インチ)ゲート ラッチ 門扉 鍵 8,500円!です。
Amazon「イギリス製 3979(6インチ)ゲート ラッチ 門扉 鍵」
もっと手軽なものはないかと探したのですが・・・これくらいしか無いです。

内側から。
ステインを塗って完成!

正面からです。
X様、施工をさせて頂きありがとうございました。


関連施工例↓


大工仕事 色々様々


Home>大工仕事>このページ