「須賀建築」

Home>大工仕事>このページ

大工仕事 色々様々

マンションの改装、引き戸の追加と引き込み側の変更

前年にエコカラットの施工を沢山させていただいたお客様からの再依頼です。
「引き戸にしてもらいたい」
そんなメールから始まりました。
私は部屋のドアを引き戸に変更するのかなと思って・・・



まずは施工ま、と壊す壁ー赤線部分です。
リビング側から隣の洋室への3枚引き込み戸があります。左の引き込み側を壊し、右のクローゼット側に引き込みます。
改装前の簡易図面。
改装前の簡易図面、リビングと隣の洋室の間には3枚引き込み戸があり引き込み側はベランダ側です。
説明。
リビングと隣の洋室の間には3枚引き込み戸があります。
引き込み側がベランダ側です。
この引き込み側を反対のクローゼット側に出来ないか。
そしてクローゼット側にした場合に洋室側にどれくらい引き戸が出るか?
実測をして図面を引いてみます。
引き込み側の予想詳細図面
引き戸の大きさとクローゼットの全面をこわして引き戸を入れた場合の予想図面です。
最小だと出は93ミリ、最大で138ミリ。

改装後の簡易図面。
改装後の簡易図面、引き戸を4枚にして引き込み側をクローゼット側にした図面
右側にあったクローゼットも壊してそこに引き戸を引き込みます。

まずは壊し。 左側の引き込み側の壁を壊しました。
引き戸の引き込み側を壊しました。
余計なところまでは壊したくないのでそっとそっと壊します。
次にクローゼット側。
クロゼットを壊しました。
クローゼット扉はそのまま外して内部を壊し。
ここも右側には隣の部屋、奥はクローゼットがあるのでそっと。
同時に引き戸ノ上の壁も壊しーと言うよりは外すように。
リビング側は外しましたが反対側はそのまま残します。

引き戸は2本はそのまま残し、
1本は建具屋さんへ
出来る限り似たドアの作成をしてもらうためです。
倉庫で建具枠の作成を。
建具枠の惑星です、鴨居に溝を切っている所です。
既存の枠材にはサイズがないので集積材を割って溝を切っているところです。
建具の取付け。
建具(三方枠)を取付けました。

ここでお客様からご相談が。
壊したクローゼット側、後ろが空いています。
手前は引き戸の引き込み側になるが奥側にはまだスペースが有り、
測ってみると300ミリ程度はある。
そこにクローゼットを作れないですか?
当然扉は外したものを使います。
やります!
図面では以下のようになります。
追加のクローゼットを付けた時の図面。
凄い事になる予感。
引き戸が開いているときにはクローゼットは見えないが
引き戸を動かすと出てくる。
隠しクローゼット!?
まずは箱を作って中に入れました。
クローゼットの箱の部分を仮に設置
仮に設置しました。
上に上げて左右を調整し、扉を付けます。

箱の調整をして設置、扉も付けました。
お客様にも喜んでいただけました!
元のクローゼットを壊したのでその中に入っているものを
どうするかー何処に収納するかを奥様は考えていました。
その一つとして「キッチンカウンターの下に収納を」という希望でしたが。
収納の能力ー大きさはこちらのほうがたくさん入ります。
また金額も安く済みます。
内部です。
クローゼットの扉を開けた所です。
棚柱を左右につけて棚板を6枚入れました。

ここからは仕上げです。
壁紙を張ってもらったり。
オーダーした引き戸を取付けたり。
まずは足元のレール。
4本引き込み戸のレール、
4本あると賑やかな感じです。
お客様から他のレールでと。
Y字レールをフローリングに埋め込みました。
Y字レールというものを取り寄せて埋め込みました。

レールが付いてドアを入れて奥の洋室からドアの「出」を確認します。
引き戸のでは113ミリです。
引き戸のでは113ミリです。
OK!
まずは洋室側から。
洋室側から、4枚引き戸を閉めた所
引き戸の「取手」はお客様と慎重に相談してオーダーしました。
リビング側から。
仕上がりです。4枚引き込み戸を締めた所です。
4枚戸を閉めたところです。
もう一枚!
4枚引き込み戸を締めた所です。
追加でオーダー作成した引き戸は一番右の戸です。
奥様からはこの位置ーダイニングテーブルに座った状態で、
引き戸をあけると奥の洋室の窓が見えるようになり開放感がありますと。

細かな部分ではもう少し、
と思うこともあります。
しかしお客様に喜んでいただけたので全て良しです!


この室内の改装前にエコカラットの施工もさせていただきました。


類似の施工例。


大工仕事 色々様々


Home>大工仕事>このページ