「須賀建築」

Home>大工仕事>このページ

大工仕事 色々様々

増築

車庫の新築をしたお客様からの追加工事で、増築の依頼がありました。
10年ほど前に増築した部分にさらに増築です。一番古くからある部分は息子さんが新築の家を建てられます。
私達が増築をして内部を完成し生活が出来る状態の後たのち古い部分の解体をします。
さらに家は当然の事ながら繋がっておりますので分離をさせてから工事に入ります。
2005年3月20日。スタートです。といっても私はエコカラットの施工で現場には行けず材木の墨付けと刻みは棟梁にお願いしました。また4月1日からの一部解体もしてもらいました。 結局私が施工に入れたのは4月10日からでした。以下その模様です。
増築前の家
道路から見た家です。
奥の建物に増築をします。右手の建物は取り壊します。
ここで計画段階からの図をお見せします。そうでないと判りずらいです。
簡易な現状の立地図。
青い部分に増築をして夫婦二人で暮らします。すでにキッチンや風呂・トイレ・洗面等はありますが部屋は一つですの増築をします。
緑色の部分はほとんど壊し、新築の家が建ちます。(某ハウスメーカーです。)
増築した時の立地図、簡易図。
赤い部分が増築部分です。
簡易立地図、問題のでる部分をピンク色でしめす。
ピンク色(桃色)の部分が問題の部分です、ここだけは先に壊さないと工事が出来ません。しかも緑色と青色の家の中に水等が入ってもいけません。
周りに足場を立てたり基礎をする時の為50センチほど多く壊します。
増築をした時の横から見た時の簡易図
上の図を左から見た図です。
はじめの計画では屋根はこのように「下屋」で出そうと思っておりました。またそれはお客様もそれでいいと言われていましたが「下屋」で出した場合増築部分の天井が低くなる。サッシの取り合いが難しくなる等々。
さらに隣には新築の家です。
屋根のタカチを変更。下屋から大屋根へ。
そこで「大屋根」にすることにしました。
(図の縮尺は滅茶苦茶です。あしからず)
平面図、増築部分は赤の斜線で示す。
左の図面の赤い斜線部分が建て出し部分です。
基礎を打つ前にトイレの給排水管の工事も終わらせます。
図面を簡易図でわかりやすく示す。
上の写真を図にしました。
桃色(ピンク色)は窓です。
和室と廊下の間には何もありません。
また和室と寝室の間は一本引きの引き戸です。
寝室の中の青い部分はクローゼットです。
開口部は123センチ、高さは220センチです。当然特注です。
基礎が終わって土間のコンクリートを打ち終わったところ
土間部分にコンクリートを流したところ。
足場の周りは木で囲いコンクリートが入らないようにしてあります。
土間のコンクリートが乾いたので土台と柱を建てたところ。
土間のコンクリートが乾いたのち一気に土台を据え、柱を立て桁をのせ梁まで乗せました。
棟梁と二人ではこのくらいが限度です。
増築部分の中に見える既存の和室の外壁を壊すのは増築部分の外壁がほぼ出来上がってからです。
屋根の葺き終わり
屋根の材料がきましたので張りました。棟梁と二人で2日間ほどで張り終わりです。
カラーベストといわれる通常のスレート瓦です。
カットする道具は仕入先の金物屋さんからレンタルしました。
増築部分の内部の写真、大引と根太は施行終わり。
外周りが出来たので内部です。まずは床部分。大引きと根太を入れます。
束はプラスチック製のもを使用しました。
トイレ部分の下地つくり
廊下部分から見たトイレ部分です。トイレの天井だけは下げました。
トイレの天井を下げた理由は以下の図で説明します。
平面図、増築部分は赤の斜線で示す。
もう一度この図面を出します。
見ていただいて解るのは和室の回りは全て部屋又は廊下・トイレである事。
以前はエアコンが付いており増築してもエアコンを付けたい。
で問題になるのがそのエアコンの位置と配管です。
相談して和室の中のトイレ側にエアコンをつけ排水管はトイレの天井の中を通す事にしました。
上記の説明を図にする
上記の説明文を図にしました。
エアコン取り付け位置と配管の簡易図
さらに立体的に。
クーラーの配管はトイレの天井の中を通ります。
しかしドレンパイプー水抜きパイプは通す事が出来ません。
そこで水抜きパイプはトイレと和室の間の壁の中を落として
土間のコンクリートの中に落とすようにしました。
室内の耐火ボードも張りおわり
電気の配線も済んだので断熱材を壁と天井に入れて・・・
引き戸・開き戸・サッシ・クローゼットの枠を取り付けてから
耐火ボードをドンドン張ります。
和室は塗り壁を塗り直しです。
既存の和室の壁は塗り替えのため古い壁を落としてから
新しい壁を塗りました。
内部ほぼ完成、後はコンセントとスイッチ類等のカバー
床を張り、壁紙も終わりました。
後はコンセント・スイッチ類のカバーをすれば終わりです。

反対側から写しました。

廊下とトイレ部分です。
廊下の壁紙は和室と続いておりますので和室の壁と同じような色柄にしました。

トイレ側から廊下と和室を写しました。
上記で書いたように廊下の壁紙と和室の壁は似ております。和室の壁の下のほうはまだ半乾きです。

便器・便座そしてドアの取り付け終了。
内部終了、オーダーの引き戸も入り。電気の配電盤やスイッチ類のカバーもつく
こちらの部屋にもオーダーのドアが入りました。
また配電盤が付き、コンセント・スイッチ類のカバーも付きました。


外壁仕上げ中
内部では壁紙を貼ったりしている時に外では外壁を着々と進めます。
外壁を塗っているところです。
まだ母屋と分離はしていませんので一部は塗ることが出来ません。
6月4日
母屋からこちらの増築部分に引越しをしました。
6月8日
母屋での生活が一切なくなったので水道と電気の分離工事をしました。
各メーターの移設も行う。
その後は息子さんが依頼したハウスメーカーで母屋の解体を終えてからの工事です。
予定では6月8日からでしたが、遅れて14日から解体をはじめ整地が終了したのは25日でした。
その間に手すりを付けたり障子の張替えをしたり他の現場で施工をしてました。

6月27・28日で母屋とくっついていた部分の屋根周りと壁の下地を仕上げ、すぐに左官屋さんに入ってもらい下地まで。
その後、左官屋さんが仕上げ、ペンキ屋さんには軒天・破風・鼻と内部のニスを塗ってもらい、私達が樋を付け片づけをして終了です。
増築、完成の写真です。
最後のショットです。
長い事お付き合いありがとうございます。
施工期間も4月から7月の上旬まで3ヶ月
(途中3週間ほどは何も出来ませんでしたが)掛かりました。
息子さんが家を建てた後に外のスロープを。という依頼が既に入っております。
T様、ありがとうございます。

大工仕事 色々様々


Home>大工仕事>このページ